日本225 株価指数CFD 米国S500

【実績公開】初心者の株価指数CFDはGMOくりっく証券がおすすめ【日本225,米国S500】

gmoclick-cfdkabukashisuu

 

こんにちは。水玉あいです。

 

私の証拠金取引デビューはFX自動売買でしたが、現物取引と比較したときの資金効率の良さにとても驚きました。

 

そこで、証拠金取引の手法を増やしたくて、次に運用を始めた金融商品が株価指数CFD(くりっく株365のFTSE100)でした。

 

これまでの運用実績はとても満足のいくものだったので、今後も主力の投資手法の一つにしたいと考えています。

 

もともと配当金目当てでFTSE100を運用していましたが、くりっく株365の制度変更により、FTSE100を長期保有することが出来なくなってしまっため、現在は配当金と値上がり益を期待した短期~中期投資を目的にくりっく株365でFTSE100の投資を続けています。

 

ただし、株価指数の値上がり益を期待するのであれば、過去の実績からもFTSE100よりも日本や米国の株価指数の方が期待できるため、現在値上がり益を期待した株価指数の投資について検証中です。

 

今回は、私がどのように考えてどの銘柄の売買を行っているかご紹介したいと思います。

 

こんな方におすすめ

  • 株価指数の投資に興味がある
  • 初心者でも投資できる証拠金取引が知りたい

 

GMOクリック証券(CFD)(公式サイト)

 

いますぐGMOクリック証券で無料CFD口座開設

 

主要な株価指数CFD銘柄の比較(スペック)

 

日本と米国の株価指数について比較してみました。

 

商品名 日本225 米国30 米国S500 米国NQ100
参照原資産/取引所 日経225先物/SGX・CME NYダウ先物/CME S&P500先物/CME NASDAQ100先物/CME
呼値 1円 1ドル 0.1ドル 0.1ドル
通過 ドル ドル ドル
取引単位 CFD価格の10倍 CFD価格の0.1倍 CFD価格の1倍 CFD価格の1倍
スプレッド 22 3 0.3 0.6
価格調整額
(2018年実績)
4,750 -881 -1,893 -11,233
必要証拠金
(2019年11月23日時点)
23,165 30,261 33,795 89,937
レバレッジ3倍 77,217 100,870 112,650 299,790
価格調整額年利 6.2 -0.9 -1.7 -3.7

 

米国NQ100は、必要証拠金が高い上に、価格調整額年利も悪く、投資対象からは外したいと思います。

 

主要な株価指数CFD銘柄の比較(チャート)

 

次に、米国NQ100を除いた3銘柄のチャートの動きから、過去最大の暴落と言われるリーマンショックと一番最近起こった〇〇ショックであるチャイナショック時にどれくらい下落したのか?さらに、リーマンショック以降どれくらい上昇したのか?検証しました。

 

商品名 日本225 米国30 米国S500
チャイナショック下落幅(円)
2015/6-2016/2
6,183 292,572 34,344
チャイナショック下落率(%) 29.5 14.9 15.0
リーマンショック下落幅(円)
2008/9-2009/3
6,240 574,992 68,872
リーマンショック下落率(%) 47.7 45.1 48.9
上昇率(%)
2008/9-2019/12/8
245 336 374

 

日本の株価指数よりも米国の株価指数の方が上昇しており、中でも米国S500が最も上昇率が高いことが分かります。

 

投資の神様であるウォーレン・バフェットが、自分の死後に備えて、妻に「資金の90%をS&P500に投資せよ」という言葉を残しているのは有名な話ですが、このデータから納得いただけると思います。

 

さらに、米国の株価指数の方が日本の株価指数より上昇しているにも関わらず、チャイナショック時の影響は少ないことも重要なポイントです。

 

実際のチャートを見ても、日本の株価指数の方がガタガタしており、米国の株価指数はきれいな右肩上がりとなっています。

 

nihon225-chart-from2008to2019

 

beikoku30-chart-from2008to2019

 

beikokus500-chart-from2008to2019

 

投資銘柄は日本225と米国S500とする

 

株価指数の銘柄の比較結果からは、米国S500が最も優れている株価指数であることが分かりました。

 

米国S500のみに投資するという判断もありますが、私は以下3点の理由から日本225と米国S500の2つに投資していきたいと思います。

 

1.米国S500が最も優れているという結果は、あくまで過去の実績によるもので未来もそうなるとは限らない

 

2.日本225は、価格調整額がプラスなので、値上がり益があまりなくてもそれなりの年利が期待できる(2018年の実績だと6.2%)

 

3.日本225は、過去の実績からは上下しやすく、短期~中期トレードで利益が狙えそう

 

株価指数CFDの取引口座はGMOクリック証券とする

 

店頭CFDが取引できる主要口座はGMOくりっく証券、IG証券、サクソバンク証券およびDMM CFDの4つですが、初心者に圧倒的な人気はGMOクリック証券です。

 

取り扱い銘柄数はナンバーワンではないですが主要な銘柄は取り扱っており、取引コストが一番安くで有名です。

 

会社名 GMOクリック証券 IG証券 サクソバンク証券 DMM CFD
取扱い銘柄数 135 17350 6600 135
最大レバレッジ 20 50 10 20
手数料 無料 無料 無料 無料
スプレッド
(日本225)
2 7 5 7
スプレッド
(米国S500)
0.3 0.6 0.5 0.5

 

よって、私もGMOくりっく証券で取引を開始したいと思います。

 

GMOクリック証券(CFD)(公式サイト)

 

いますぐGMOクリック証券で無料CFD口座開設

 

まとめ

 

株価指数CFDの主要銘柄と主要口座を比較検討し、日本225と米国S500の取引をGMOくりっく証券で開始することにしました。

 

運用ルールはこれから確立するため、今は試行錯誤しながらトレードしていますが、利益が順調に出ています。

 

gmoclick-jisseki-20191209

 

また運用ルールを確立したら、報告しますね。

 

GMOクリック証券(CFD)(公式サイト)

 

いますぐGMOクリック証券で無料CFD口座開設

 

  • この記事を書いた人

水玉あい

30代会社員。トラリピで2018年FXデビュー。相場が読めなくても技術の力で楽して資産形成できる方法を研究中。リスク管理重視。2021年9月時点で金融資産5,000万円達成し、30代でセミリタイアできる力を身につけることに成功。旦那は銀行員(元為替トレーダー)。

見逃せない人気記事

audnzd-toraripi-settei 1

  こんにちは。水玉あいです。   2020年9月26日より、待ちに待ったマネースクエアでの豪ドル/NZドルの取り扱いが開始され、2021年7月1日までスワップポイントがゼロ円とい ...

toraripi-rieki-201901 2

  こんにちは。水玉あいです。   私は、FX, 株価指数CFD, 株式, リートなど様々な金融商品に投資していますが、そのなかでもFXのリピート系自動売買は大のお気に入りでイチオ ...

folio-robopro 3

  こんにちは。水玉あいです。   私はマーケットや銘柄分析をしなくても手軽に投資できる手法を好んで運用しています。   そんな私が今一番期待している投資手法が株式会社F ...

money-seminar 4

  こんにちは。水玉あい(@aitama_go)です。   最近、「投資に興味はあるけど、何から始めたらいいか分からない」という相談をよく受けます。   そんな悩みを持っ ...

vix 5

  こんにちは。水玉あいです。   相場の読めない投資初心者でもあまり手間をかけずに(出来ればほったらかしで)利益を狙いやすい投資手法を好んで運用している私が、お気に入りの一つとし ...

-日本225, 株価指数CFD, 米国S500

© 2021 人生にセミリタイアの選択肢を